2018年08月01日

八月だー。

みなさん、暑さに負けてませんか。

はやめの休憩と水分補給。してくださいね。まじで。

さー、今月はいよいよ、「SKIP」です。

皆さん、是非、みにきてくださいね。


ステキなチラシをつくってもらいました。

みんなで、一緒に必死になって作品を作っています。

一人でも多くの人に、目撃してもらいたい。

歴史の一ページにしたい。

ふりかえるポイントにしたい。

是非

是非。

よろしくお願いします。


続きを読む
posted by 大島寛史 at 23:02| Comment(0) | 日記

2018年07月25日

キシカンミシカン、終幕しました。

遅くなりましたが。

演劇produce螺旋階段第23回公演

キシカンミシカン

青少年センターHIKARI 

全4ステージ

おかげさまで、幕を下ろすことができました。

ご来場の皆様、
応援してくださった皆様、
ありがとうございました。

この物語は、みなさんの目にどううつったんだろう。

とても、貴重な経験をさせてもらいました。

土管からでることなんてもうしばらくないでしょう。笑

本番中、毎朝、返し稽古をずびずびしながらやることもしばらくないと思います。笑

S_8318331653973.jpg

みどりさん。
脚本。演出。
主役って言って、藤井役をくれた人。
言葉を交わしたり、目を見たりして、考えてることを伝えたり、読み取ったりする。
もう、どれくらいの役を緑さんにもらったんだろ。
どれも印象深い役ばかり。
でも、藤井くんを貰えたのは、とても嬉しいんです。
これからもよろしくお願いします。


S_8318332557709.jpg

彼にとっては、俺はほぼ唯一のパートナーでした。
丈太郎いたから、あれなんだけどさ。
多分、浜町の園田って言っていたんだと思うんですけど。笑。
水野さん。
おもしろ工夫人間。
イヤー、もう本当に。
楽しかった。
なるべくフラットに舞台の上にいるって、難しいんですけどね。
この人といると、フラット以外じゃいてもしょうがないのよ。笑
また、絡めますように。

S_8318331804966.jpg

まさみさん。
名前を教えてもらうシーンの台本を貰ったとき、そうなんだ!ってなったけど、
台本の1ページ目、配役の所に書いてあったんだよね。既にね。
いやー、こわいね。笑

とても安心して、お芝居できる。
気持ちで芝居が出来るのは、とても楽しいのです。
そして案外、幸福なことなんです。
俺は、とても楽しかったです。ありがとうございました。
お芝居出来てよかったなぁって思ってます。


みんなの分、これくらい書けるけど、
実はお芝居中にしっかり関わってるの、このひとたちくらいだから、
このひとたちだけにしておく。
あとはツイッターで書いた。本人にも言ったりした。うん。
よし。

S_8318332670068.jpg

でこぼこかんが、いいね。

S_8318331256774.jpg

整然と乱雑。
上手のパネルに当たってる光の筋がとてもすきです。


S_8318332841074.jpg

おまけ。


じゃ。また。
続きを読む
posted by 大島寛史 at 21:31| Comment(0) | 日記

2018年05月31日

さよなら五月。

5月が終わっていく。

いろんなことが始まったり、終わったり、準備したり、そんな月だった。

いやー、目まぐるしかったな。
気温の変化もすさまじかった。

そうそう。ハンドメイドナイト、ありがとうございました。

6月にも、2夜、出演いたします。
16日と30日。
なかなかない、特殊な体験だと思いますので、是非、横浜、和田町のバーで、分かち合いましょう。
ステキな夜です。よ。
いつか小田原でもやってやるんだ。


それから、SKIPの稽古もはじまりました。
平成最後の夏、忘れられない夏にしてやるんだ。
よろしくお願いします。


あ、それから、チリアクターズの情報がこっそりしれっと、公開されました、よっと。

ほほほ。
9月。よろしくね。
続きを読む
posted by 大島寛史 at 21:15| Comment(0) | 日記

2018年05月08日

連休が。終わったとたんに。

季節がひとつ、戻ったような。

寒さと。

雨で。

ただでさえの憂鬱が。

何倍か増幅されてるような。

そんな気持ちに、なってませんか?

大丈夫ですか?

あまやどり、していきますか。ね。

たまには。
posted by 大島寛史 at 22:24| Comment(0) | 日記

2018年05月06日

こどものひ。

子供とタメはれるくらいには過酷なスケジュールだった気がする。

あさ9時から、稽古。
螺旋階段の「キシカンミシカン」
あ、明日チケット予約が開始されます。
衣装が届いて、ちょっと着てみたりもして。
さわやかな稽古場でした。

11時から電車にのって。川崎へ。
ラゾーナで、虹の素を観る。
ゴールデンウィーク、ものすごい賑わいのショッピングモールはとても楽しそうでした。
なんか、イベントは異様な光景にうつったけれども。
すいてるときにいきたい。
今度行くときは、ちゃんとまわれるスケジュール組にする。

そっから、横浜、相鉄線沿いで、ハンドメイドナイトの稽古。
丁寧に丁寧に紡いでいきます。
この稽古はとても楽しい。
少人数で演劇をつくるのは、とても充実していて、よい。
疲れるけど。
楽しい。
よい。まさかくん、ありがとう。

さあ。明日もあるので、寝ます。

演劇漬けの毎日。ありがたいね。
posted by 大島寛史 at 00:05| Comment(0) | 日記