2019年02月08日

次回公演の出演者募集中。

次回公演の出演者を募集しています。


時期は7月末から8月の頭。

30日に小屋入りをして、4日の日曜日までの予定です。

公演場所は、横浜のある場所を予定しています。

正確な場所は契約の関係で、まだ言えません。

募集してきてくれた人にはもう少し詳しく予定の話をします。

全部で9ステージぐらいやろうと思っています。


ステージ数毎など、固定のギャランティはご用意できませんが、

1枚目からチケットバック制度を設けようと思っています。

これについては、相談に乗ることができます。


稽古場は、小田原です。小田原の劇団の稽古場で、

5月くらいから始めます。最初は、週に2日ほど。

平日の夜や、土日のどちらか一日、あるいは昼間だけ。夜間だけ、など、

スケジュールを見て、決めます。

それが少しずつ近づくにつれて、週に3日、4日と増えていく予定です。

いわゆる、集中稽古のようなものは実施しません。

このスケジュールに関しても、相談に乗ることができます。



新作を上演します。

前回公演の千秋楽のご挨拶で口走りましたが、「碧い鳥、虚無」というタイトルが

ついた(今のところです)新作です。今まで、上演してきた作品を振り返ると、

僕はよく「あの頃の本当」や「物事を見つめる角度」についてをよく取り上げるようです。

今回は、その集大成というか、最新版、見たいな様子の作品を予定しています。

伝わるかどうか分かりませんが、悲し切ない系エンタテインメント〜笑いもあるよ〜

といったところでしょうか。

……僕は何を言ってるんでしょう。


経験は問いません。年齢も問いません。性別も問いません。

稽古に集中して前向きに取り組むコトが出来る方。

お客さんや身の回りの人に積極的に公演のお知らせが出来る方。

そういう人にチリアクターズの公演に参加して欲しいと思っています。


募集を開始してから、ありがたいことに沢山のお問い合わせをいただいています。

が、細かい条件などの話をしていくウチに、お互いに、今回ではないな、という

ことになりがちです。

なので、もう少し、雰囲気が伝わるといいなと思い、また、どうしようか悩んでいる人の、

手助けになればいいと思い、この文章を書きました。


新しい出会いと、頼もしい再会を、期待しています。


チリアクターズの挑戦に、力を貸して下さい。


あなたの参加する意思をお待ちしています。


info@chiri-actors.com 


に、メールをください。
ツイッターのDMでもかまいません。

posted by 大島寛史 at 19:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: