2018年05月31日

さよなら五月。

5月が終わっていく。

いろんなことが始まったり、終わったり、準備したり、そんな月だった。

いやー、目まぐるしかったな。
気温の変化もすさまじかった。

そうそう。ハンドメイドナイト、ありがとうございました。

6月にも、2夜、出演いたします。
16日と30日。
なかなかない、特殊な体験だと思いますので、是非、横浜、和田町のバーで、分かち合いましょう。
ステキな夜です。よ。
いつか小田原でもやってやるんだ。


それから、SKIPの稽古もはじまりました。
平成最後の夏、忘れられない夏にしてやるんだ。
よろしくお願いします。


あ、それから、チリアクターズの情報がこっそりしれっと、公開されました、よっと。

ほほほ。
9月。よろしくね。
続きを読む
posted by 大島寛史 at 21:15| Comment(0) | 日記

2018年05月08日

連休が。終わったとたんに。

季節がひとつ、戻ったような。

寒さと。

雨で。

ただでさえの憂鬱が。

何倍か増幅されてるような。

そんな気持ちに、なってませんか?

大丈夫ですか?

あまやどり、していきますか。ね。

たまには。
posted by 大島寛史 at 22:24| Comment(0) | 日記

2018年05月06日

こどものひ。

子供とタメはれるくらいには過酷なスケジュールだった気がする。

あさ9時から、稽古。
螺旋階段の「キシカンミシカン」
あ、明日チケット予約が開始されます。
衣装が届いて、ちょっと着てみたりもして。
さわやかな稽古場でした。

11時から電車にのって。川崎へ。
ラゾーナで、虹の素を観る。
ゴールデンウィーク、ものすごい賑わいのショッピングモールはとても楽しそうでした。
なんか、イベントは異様な光景にうつったけれども。
すいてるときにいきたい。
今度行くときは、ちゃんとまわれるスケジュール組にする。

そっから、横浜、相鉄線沿いで、ハンドメイドナイトの稽古。
丁寧に丁寧に紡いでいきます。
この稽古はとても楽しい。
少人数で演劇をつくるのは、とても充実していて、よい。
疲れるけど。
楽しい。
よい。まさかくん、ありがとう。

さあ。明日もあるので、寝ます。

演劇漬けの毎日。ありがたいね。
posted by 大島寛史 at 00:05| Comment(0) | 日記

2018年05月04日

歴史ある県庁の、歴史ある会議室で。

5月3日。

「しらずのうちに」

を上演しました。

11時からと15時30分からの2回。

観にきてくれた方、ありがとうございました。

いやぁ、本当に、スゴイ経験をさせてもらったなあと思っております。
関係者の方々、ありがとうございました。


音響も照明も、あえてつけず、あの会議室にあるだけのもので、
スーパーシンプルバージョンと銘打ち、上演しました。

その上演形式をとることは、この作品の密度をもっとあげることにつながると考えています。

今は、じゃあ、もう一度やるとしたら今度はどうするか。

そればかり考えています。


また、機会がありますように。

どこでもやりますよ。

みたくなったら、呼んでください。

まだ出会っていない笑顔があるからね。

出会いたいね。

あんなに、嬉々として会場を去っていかれるのが、とても嬉しかった。

やってよかったなあって思えて、よかったなあって思ってます。


また。
posted by 大島寛史 at 23:10| Comment(0) | 日記

2018年05月02日

5月になったので。

いや、もう2日。

3日です。

明日は3日です。

神奈川県庁でしらずのうちにをやります。

今年初。

いつまでやるんだ。

いや、

もう、やれる間はやってやるのだ。


無料なので。

雨があがったら、みにおいで。

神奈川県庁で、待ってますよ。
posted by 大島寛史 at 22:16| Comment(0) | 日記